運命の日

さぁ、運命の日がやってきた。
2月26日、電池展開幕である。

昨日はラスト15分位から猛烈な売りが入り、一時高値13,870円をつけたが最終的には11,900円まで急落した。
この流れはここ最近のこの銘柄のトレンドである。
そして昨晩、掲示板は強烈な売り煽りで大いに盛り上がった。
PTSでまさかの下落。
 
売り煽りの趣旨を調べてみると、暴騰のキッカケとなった日経ニュースのアラ探しだった。
バテナイスのデモ画面が小っちゃな扇風機のファンを回してみせただけのことや、既存のリチウム電池に劣る部分があること。
そして、製品化未定という部分をクローズアップし、株価を低くしたい輩が必死になって書き込みをしたのだろう。
そして、運命の朝を向かえる。
 
平成26年2月26日 午前8時丁度
私の友人は、昨日13,800円という高値で掴んでしまい、板を見るのが非常に怖かった。
昨夜の掲示板の流れでは、ストップ安さえありえた状況だったのだ。
その友人は、わずか1日で50万円を失うことになるかもしれない。
そんな恐怖の夜を過ごしたのかと思うと、心が痛んだ。

そんな状況でおそるおそる板を覗く。
12,400円台!これは予想外だった。
というのも、友人には申し訳ないが、万一ストップ安だった場合、勝負に打ってでるつもりだったからだ。
ストップ安8,900円で購入し、ザラ場中にビッグニュースが飛び出せば一転ストップ高の可能性もある。
1日で60万円を稼ぐチャンスでもあるのだ。

午前8時30分、板は11,500円でピタリと止まった。
この銘柄でこの静けさは見たことがない。
やはり下げるのか?
しかし、この金額ではまだ買えない。
電池展は午前10時開幕との事。
そこから一気に乱高下するは必至だ。
 
午前9時丁度、寄り付きは12,000円ほどだった。
ヘタをすれば紙くずになる危険性もあり、勝負するには高すぎる。
しかし、マスコミで報道されれば瞬く間に天に昇ってしまい、手が届かなくなるだろう。
様子を見ながら監視するが、一時11,400円台をつけた。
さすがに迷った。
しかし、ここ最近の流れは、午後2時くらいまでは上昇し、そこからナイアガラがはじまる図式となっている。
手を出すのであればそこだろうとはじめからふんでいただけに、まだ手は出さない。

午前11時
マイクロタイムがはじまった。
当初150vとされていたバテナイスの性能だが、蓋をあけてみれば1500vと報じられた。
また、カメラやコピー機などを扱うコニカミノルタとの関連が噂され、ここから一気に急上昇をみせる。
午前11時30分、前場終了時13,560円、やらかしてしまった。
11,400円で購入していれば、わずか数分で21万円の利益である。
ただ、魔の午後2時台が待っている。
最近の流れでは、ここから一気に2,000円以上急落するのがトレンドだ。
その時がきたらどうするか・・
天下分け目の有明の合戦、後半はまた後程レポートしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA